2016年12月16日 

 夜明け前から降り始めた雪で、金剛山はすっかり銀世界になりました。今季初めての積雪です。しゃくなげの路やピクニック広場では約3pの積雪があります。
 新雪の上に動物の足跡がついていました。
今季初めての積雪
金剛山自然情報では、多くの画像を、
「金剛山花だより(nohki版)」「金剛山の自然」「金剛山の植物に親しむ会」
リンクさせていただいています。

  2016年12月12日 

 今朝の最低気温は−4℃、ちはや園地では霜が降りていました。しゃくなげの路ではアキチョウジの根元付近にシモバシラができていました。

弥山・八経ヶ岳方面の山並み

  2016年11月12日 

 例年より遅れていた紅葉が、11月9日(水)、10日(木)以降、一気に進みました。10日の最低気温は氷点下になり、ミュージアムのエコルーフにはつららができました。
  ちはや園地の紅葉の様子その1その2

ログハウス付近の紅葉(11月7日撮影)

  2016年10月24日 

 例年より紅葉が遅れているようですが、ちはや園地でも、草木が色づきはじめました。
 ロープウェイの金剛山駅では赤く紅葉したドウダンツツジが見頃になりました。また、ハウチハカエデガが少し色づきはじめています。山頂付近のブナはすっかり紅葉(黄葉)しているようです。
四季の谷で見かけた野ウサギ

  2016年9月17日 

 ちはや園地では、いろいろな秋の花が見らます。ツルニンジン、可愛い小さな花のミゾソバ、クルマバナ、ヨシノアザミダイトレ沿いのツリフネソウ、ナンバンギセル、ノダケが見られます。また、四季の谷では春に白い花を咲かせたコブシが実をつけています。
 キャンプ場の倉庫内でヘビの抜け殻を見つけました。
ミュージアム前のエノコログサ

  2016年9月9日 

 ちはや園地では、最低気温が15℃を下まわる日もあり、秋の訪れを知らせてくれています。
草花も秋の花にかわってきました。また、春の草花は色とりどりの実をつけています。
 トチの実やドングリ(コナラ)を拾ってきました。
風にそよぐススキ

  2016年8月26日 

 ちはや園地では、秋の訪れを知らせる秋の草花が見られ始めました。しゃくなげの路ではアキチョウジ、ツルニンジン、アキギリ、フシグロセンノウカリガネソウ、イヌショウマ、ヤマジノホトトギスが咲いています。ミュージアム前ではミズヒキ、ヤマボウシの実、ワレモコウが見られます。
ヤマボウシの実

 
  2016年6月27日 

 しゃくなげの路ではキツリフネが、四季の谷ではクガイ

ソウが咲き始めました
。蜜を求めてやってくるアサギマダ

ラが楽しみです。ササユリは終わり近くになっています

が、らくらくの路ではまだ蕾も見られます。
ササユリ

  2016年6月23日 

 ちはや園地では、色鮮やかな花は少なくなりましたが、新緑に真っ白な花を咲かせる木々が多く見られます。ナツツバキやヤマボウシが見頃です。ササユリは終わり近くになっていますが、らくらくの路ではまだ蕾も見られます。ダイトレ沿いではギンリョウソウが、しゃくなげの路ではツチアケビやシチダンカが咲き始めました。
ナツツバキ(四季の谷)

  2016年5月27日 

 ちはや園地では、山野草の花に加え樹木の花も見られるようになってきました。
 四季の谷ではアヤメが、展望台の下ではカノコソウが咲いています。
 しゃくなげの路では、ニッコウキスゲが咲き始めました。ウラシマソウなども見られます。
 また、ロープウェイ金剛山駅では、サワグルミの花もあり、木々の花も増えてきました。ヤブウツギやツクバネウツギの花も見られます。
フタリシズカ(しゃくなげの路・らくらくの路)

  2016年5月11日 

 4月から5月は、春の野草の季節です。色々な花をちは

や園地で楽しむことができます。

 5月1日のちはや園地の開花状況(1), (2), (3), (4)

 5月8日のちはや園地の開花状況(1), (2), (3)

花の時期が終わってしまったものもありますが、クリンソ

ウやヤマブキソウなどはまだまだ楽しめます。
シャクナゲ(しゃくなげの路・らくらくの路)

  2016年4月20日 

 カタクリの花が終わりに近づき、しゃくなげの路では

シャクナゲやシラネアオイ、らくらくの路ではミツバツツジ

やコブシの花
が見られます。キャンプ場のヤマザクラ

もうすぐ満開です。
ヤマザクラが咲き始めたちはや園地

  2016年4月9日 

 ちはや園地も春本番になりました。四季の谷のカタク

リ、しゃくなげの路のキクザキイチゲカタクリも見頃に

なっています。ニワトコなどの樹木も若葉がでたり、花が

見られたりしています。

四季の谷のカタクリ

  2016年2月12日 

 春の訪れを知らせるフクジュソウが一部咲き始めました。満開になるのは、まだ先ですが・・・。四季の谷では、マンサクの花やコブシの白い芽が見られます。
 昨日(2月11日 祝日)は、晴天でたくさんの方が園地を訪れました。午前中、積雪が一部残っており、ミュージアム2Fの出口付近には小動物の足跡も見られました。星見台では太陽観察も実施でき、大峰山系の山並みなども大変きれいに見えていました。

咲き始めたフクジュソウ

  2016年1月15日 

 今シーズンは、暖冬傾向で初冠雪の11月27日以後、

積雪は少なめです。ちはや園地では昨日の雪が少し

残っています。

 一方天候は快晴で、今朝の最低気温はマイナス5℃と

なっています。そのため、しゃくなげの路では、シモバシ

ができていました。

ミュージアム横のマンサクも咲き始めています。

昨日からの積雪の様子